Net4u レンタル掲示板を作る | 無料動画検索new!

シトロエンクラブジャポン北海道




メッセージをどうぞ
お名前
E-Mail
U R L
タイトル
メッセージ
文字色
画像
大きさ250KB以下( jpg, gif, jpeg, mid, png)
投稿キー 投稿キー を記入して下さい
編集PASS 編集・削除用

クルマの楽しみ方
タナカ
 9月例会には、シトロエン以外のクルマ(スバルR-2、ホンダN360、ホンダインサイト)も参集いただきました。

 このうち、スバルR-2(ツーストローク・360cc・2気筒・32馬力エンジン、四輪ドラムブレーキ・10インチホイール、車重500毀に)に3人で同乗させていただき、目から鱗でした。

 日常の交通環境の中で使い切れる能力をもったクルマ。一定水準以上ならば、それぞれの運転レベルで楽しめ、更なる技術向上を目指す気持ちになれるクルマ。前・後方視界、車幅感覚、加減速などにおいて人車一体感を感じさせるクルマ。

 様々なクルマに乗せていただくことで、クルマへの理解を深め、使い方に気づくことができるのは、ありがたいことです。

 本日、アストロプロダクツで購入した面発光LED COB使用、明るさ約140ルーメン、連続点灯約7時間の「COBワークライトWL661」はこれまで使った自動車用照明器具の中では一番明るい物と思われます。照明器具は使用条件による使い分けが必要ですが、そのうちの有力な一つになるものと思われます。
Date: 2017/09/17/18:36:34 No.1854

Re:クルマの楽しみ方
ツツミ
ミーティング、10年以上ぶりに6月にチラッと顔を出しましたが、昨日の9月ミーティングには4時間も滞在してしまいました。
駐車場での立ち話、昼食をとりながらのクルマ談義、その後試乗会に流れる黄金パターンは健在。
私の拙い運転に同乗して頂いた皆様、ありがとうございました〜
私事ながら、一時期は体力が弱って長時間の外出も出来ませんでしたが、シトロエンクラブはココロとカラダにイイですね。

スバルR-2で来ても皆さん暖かく迎えてくださいました。小排気量のクルマを使い切って走る楽しさは、2CVで身につけましたが、R-2にも同じ匂いを感じます。

日本の大衆車黎明期には、既に2CVという、高い技術的完成度と大胆に割り切った設計思想を持つ大先輩がいたわけですが、その先輩を横目で見ながら1960年代の日本の経済力や技術レベル、道路事情などと折り合いを付けつつ生み出されてきた360CC。

何というか、両方を所有した者にしか体験出来ない妙な感覚。
私の周りでは、他に1人しか知りません。
わかってくれますか、イヌイシさん?
Date: 2017/09/18/08:27:54 No.1855

Re:クルマの楽しみ方
イヌイシ
私のスバル360好きはもともと形から入ったものでしたが、いろいろ調べていくうちに、飽きのこないデザイン、軽量化に徹したボディ、しなやかな乗り心地、そして無駄なものが付いていない良さに惚れ込みました。その結果軽く、足周りが良いので360でも今の肥満軽自動車よりはるかに気持ちよく走ることができます。
シトロエン車を飛行機屋の目で見て分析し、日本で使いやすく翻訳したのが初期頃のスバル車かと思っております。二馬力、DSあたりをかなり研究し模倣を試みた痕跡が随所に見られますが、軽自動車枠のサイズ、排気量、コスト面で苦しく妥協した部分があるのも事実なはずです。なんせ開発時にはハイドロのようなものの搭載も考えていたのですから・・・。
R-2は360の欠点「荷物を積むスペースが無い」を解消したもので前トランクにはかなりの物を積むことができます。スーパーの駐車場で前トランクをガバッと開けて荷物を積んでいると、必ず立ち止まって見ている人がいます。「この人エンジンルームに荷物を入れている・・・」とても愉快です。
R-2はとても使い勝手の良い車ですが、時代の流れで不運にも3年足らずの短命でした。日本人がもっと豪華に、もっと贅沢にと求めた結果、素の良いものにメーカーがやってはいけない厚化粧をしてしまったのです。残念。

このコラムも面白いです。
http://blog.goo.ne.jp/carlogy2012/e/9246b15bd392ed4e17d4ee45e5a8de02
Date: 2017/09/18/22:26:26 No.1856

Re:クルマの楽しみ方
タナカ
 イヌイシさんありがとうございます。それにしても、このコラム以上に読み応えむのあるものを見たことがありません。

 多分、私は全ての記事の内容に賛同するものと思われます。クルマに関わりや興味関心がある方、いやむしろ、売り手にいいように踊らされている「興味関心のない方」のほうがムダな出費を抑えるのに役立つと思います。

 ところで、メーカーサイドのコスト低減の話がありましたが、ユーザーサイドのコスト低減の視点からは、長く乗る、長く乗れるクルマが基本と考えます。また、かつて乗ったことのあるクルマで、再度乗りたい物の調査結果があるならば、それがクルマの真価であり、そのようなクルマを多く有するメーカーは信頼に値するメーカー(だった)でしょう。

 ホンダやマツダロードスターの話もおもしろかったです。
Date: 2017/09/20/01:44:42 No.1857




定例&タイヤ
SHOJi
タナカさん、17(日)は定例ですよね?
JAYJAYさん、2CV路上復帰、おめでとうございます。125R15のタイヤは「世界モン」に出ていました。下記ご覧あれ。
http://www.sekaimon.com/s/125R15/66471/all/?searchLocationType=all
Date: 2017/09/16/03:50:02 No.1850

Re:定例&タイヤ
SHOJi
こんなところもありました。1本66ドル。
送料がどんなもんだか。
https://www.universaltire.com/125r15-firestone-f560-blackwall.html
Date: 2017/09/16/03:57:42 No.1851

Re:定例&タイヤ
ツツミ
祝 2CV復活

私もシトロエンではないですがR-2で顔出そうかな
Date: 2017/09/16/06:02:06 No.1852

Re:定例&タイヤ
タナカ
 平成29年9月例会は、SHOJIさんが知らせてくれたとおり、第3日曜の9月17日(日)いつもの場所・時刻(ヒューマンゴルフガーデン、豊平区西岡3条1-7-50、11:00〜13:00)で開催します。

 予想される話題は、小樽クラシックカー博覧会、FBPの開催結果にまつわる話題でしょうか。 それとツツミさんから託された2CVを、JAYJAYさんが無事路上復活されたのが、本年最大のビッグニュースでないでしょうか。
 このことは、それ自体偉業というべきですが、シトロエンクラブという人間関係の中で実現されたことにある種の驚きを感じるのは私だけでしょうか。
 よって、JAYJAYさんのご都合が許すならばまずは2CV試乗会でしょう。また、実父であるツツミさんのご臨席があるならば、更にうれしい限りです。
 なお、本クラブへの参加は徒歩でもウェルカムですが、R-2はシトロエン親族とみなされるので、遠慮はご無用です。

 私の方から特段の話はありませんが、本年の展示内容に関連して、ルームミラーがフロンドグラスから剥がれ、ダイソーの2液混合型エポキシ接着剤で直した結果と、某車の試乗結果報告です。

 当クラブの例会はオープンとなっており、シトロエンに興味・関心のある方はお気軽にお立ち寄りください。
 開始時刻辺りに来ていただければ、駐車場又は喫茶スペースにおいて、明らかにそれとわかる集団がおりますので、迷う心配はありません。出入りは自由です。
 皆様のお越しをお待ちしております。
Date: 2017/09/16/17:54:14 No.1853



FBP
SHOJi
小樽クラシックお疲れ様でした。9/3はフレンチブルーピクニックです。私は10時頃でる予定です。イヌさん、BXのホイールカバー4枚持って行きます。
Date: 2017/08/28/05:29:34 No.1847

Re:FBP
はややん
急遽参加出来ることになりました!
午後からを予定しています。
Date: 2017/09/01/16:35:10 No.1848

Re:FBP
タナカ
 当初、当日は大雨・強風と予想していましたが、晴れ・強風になりそうな見通しです。

 今年の出し物(ブラックライトによる森の宝探しごっこ)については、先行した小樽での経験から、難易度を下げるとともに、強風対応の強化を図りました。

 ただ、心配なことは、風速10メートル対応ができていない物があった場合、事故に繋がり兼ねないため、及ばずながら安全確認に努めたいと考えております。
Date: 2017/09/01/22:22:28 No.1849



小樽クラシックカー博覧会
タナカ
本日、博覧会事務局から受付票(J-7)が届き、びっくりです。今年の展示エリアJは駐車場ゲートから最も近い、木炭バス等の発着地点で、これまでの中では最も入り口に近いエリアです。皆さん方もJエリアと思われますが、私の展示内容(宝探しごっこ〜ブラックライトを使った夜の森探険〜)にとっては最良の場所かもみしれません。しかし、人集めよりも、密やかに行う必要があるのかもしれません。9735
Date: 2017/08/14/17:02:38 No.1839

Re:小樽クラシックカー博覧会
SHOJi
私はJブロック30でした。
Date: 2017/08/16/08:17:32 No.1840

Re:小樽クラシックカー博覧会
タナカ
 7と30とではかなり離れているのでしょうか。また、このエリアに少なくとも30台の展示が可能なのでしょうか。推測しづらいので不安を感じます。8505
Date: 2017/08/16/16:50:29 No.1841

Re:小樽クラシックカー博覧会
タナカ
 先生からわざわざお電話をいただきホッとしました。いずれにせよ、当日行ってみればわかることなので、あまり気にしないようにしています。
Date: 2017/08/18/22:29:45 No.1842

Re:小樽クラシックカー博覧会
ヤマモト
私のはJー104と3桁ですが、ブロック内で分散展示を狙っているようですね?ところで16vがキャンプから順調に帰った後、10日に路上で突然ストップ立ち往生、緊急事態のためたまたま近くにあったCITOR西Dにレッカーし点検依頼した結果、親身に対応してくれました・・・詳細は後日報告します。
現状、小樽はなんとかBX参加できそうです。
明日20日は美唄で旧車イベントあり70台位集合しますのでNで行ってきます。
Date: 2017/08/19/19:46:20 No.1843

Re:小樽クラシックカー博覧会
タナカ
 ヤマモトさん大変でしたが、新たな展開があったことはよかったですね。遠隔地への移動時に集団行動をお勧めするのは一寸先が見通せないからなのです。
 また、Jエリアの謎は深まりましたが、いずれにせよ、当日判明することです。
 私の方はエンジンオイル喰いは激しいですが、モチュール5100はBXGTiの最大トルク・馬力が発生するAT3速固定の4500〜5500/rpmにおいて有効性を発揮しつつあります。後は、エステル半化学合成オイルのゴムに対する攻撃性程度の検証具合でしょうか。走行パターンとしては現実的ではありませんが、エンジンの持続性確保というリハビリ観点からは必要と思われます。それでは会場で。
Date: 2017/08/19/23:41:56 No.1844

Re:小樽クラシックカー博覧会
ツツミ
小樽、みなさん楽しんできてください
当方スバルr-2を手にして行きたい気持ち全開だったのですが、先週試しに銭函まで往復ドライブを挙行したところ、車は絶好調だったのですが、ドライバーが耐え切れず、帰宅と同時にノックダウン。。。
小樽にたどり着けそうにありません
近くて遠いなあ
Date: 2017/08/24/20:55:34 No.1845

Re:小樽クラシックカー博覧会
タナカ
 ツツミさん、R2は先輩の陰に隠れてその実力が知られていないように見受けられますが、今度、その魅力をご教示ください。当日は天気も良さそうなので行ってまいります。
Date: 2017/08/24/22:50:30 No.1846



キャンプ準備について
タナカ
ワイン4本、炭6圈⊆家製キュウリ漬け物を準備しました。
Date: 2017/08/04/16:42:07 No.1834

Re:キャンプ準備について
SHOJi
中山峠10時はきついですね。10時半〜11時着を目指しましょう。
Date: 2017/08/05/04:08:55 No.1835

Re:キャンプ準備について
タナカ
了解。1792
Date: 2017/08/05/04:43:53 No.1836

Re:キャンプ準備について
イヌイシ
キャンプお疲れ様でした。謎に包まれていた失せ物、出てまいりました。ビッグにそのまま置いてあったようで夕方に拾得物で回収されていました。やはり油断禁物、団体行動は常に最終確認が必ず必要であることを痛感しました。そして数少ない食材でもなんとかする事ができるのは、今までの車の修理経験で培った「何とかなる?」「何とかする!」の教訓の賜物だと思います。
まずは、非常に穏やかな天気と無風に恵まれた幸せなキャンプに感謝でした!
とりあえず食材は我が家で保管。皿コップ関係は次年度への繰越とさせていただきます。
Date: 2017/08/06/12:07:57 No.1837

Re:キャンプ準備について
タナカ
 皆様、お疲れ様でした。大小のアクシデントに見舞われながらも天気と山海の珍味には最大限恵まれた波瀾万丈のキャンプでした。また、人の車に乗る機会等も大きな収穫物であり、その中での何気ない会話の中にも大きな宝が潜んでいる想いがしました。例えば、家と墓は壊す(還す)時には作るときと同じくらいの手間や金が掛かるなどの事実を知ることです。

 また、大事に際し、適切に対応された方もおられ、感服するとともに、改めてお見舞い申し上げる気持ちは参加者共通の気持ちと思われます。

 個人的には、BXGTiで208kmを走行し12.3km/Lの燃費を樹立しました。これもモチュール5100のお陰と感謝する次第です。中山峠の帰り道は2名乗車で頑張ったにもかかわらず驚いております。

 キャンプはレジャーにして、グルメ、そして演習でもあることを感じさせてくれた今回でした。次回は、小樽クラシックカー博覧会、FBP(フレンチ・ブルー・ピクニック)と目白押しですが、よろしくお願いします。
Date: 2017/08/06/23:29:41 No.1838




[無料掲示板] [お取り寄せ]


[1][2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
**HOME**

[TOP] [掲示板管理用]

shiromuku(r4)BBS version 1.00
CGIレンタル無料掲示板 Net4u